おでん屋@えみちゃん
仮想通貨

仮想通貨アービトラージODENbot 【Q&A】

最新のお問い合わせ回答

課金したのにデポジットに反映されない

お問い合わせフォームからメールアドレスとトランザクションtxをご連絡ください

ODENbot収益報告 2024年5月版

5月もさえない相場でしたが、4月よりは一部通貨に動きがあったので取れた人もいらっしゃるようですね

下記にODENbotのテストグループ12名の2024年5月の成績を置いておきます。

2024年5月 最高利益 約450,000円  最低利益 約2,000円

※回している資金がいくらかは不明ですが、テストグループは開始資金に最低100万円でお願いしております。

5月はポジ構築側と解消側に交互に触れるのではなく、ポジ解消側に偏りすぎていたので設定で差が出たようです。

1位の方は資金量が3000万円で、マイナス覚悟でポジ構築利益確定0.1%などで設定され、ポジの解消側を0.8%などにして利益を作ったそうです。

ただこれは、サヤが開いたときには一瞬でポジションがパンパンになってしまう両刃の方法で万人にはおすすめではないのでご注意ください。

まだしばらく暇な日が続きそうなのと、ドル円が円高に振れつつあるのでBybitにいれてあるドル資産の目減りが気になり、ODENbotのLINE通知も円換算でだしているので気になるかもですが、仮想通貨は基本ドルを増やす取引なので長い目線でいきましょう!では!

 

Q&A

運営に関する質問

問い合わせの返事がきません

問い合わせの返答で共有できるものは、48時間以内にまず上の「最新のお問い合わせ回答」に記載され、しばらく経つとカテゴリ別に振り分けられていきます。

返事が来ず記載されないものは、すでに似たような質問が存在しているか、質問内容がODENbotを動かすには少々心配なレベルなので、ご自身で検証してくださいということです。

お金を払ったのにODENbotの使い方がわからなかった場合はどうすればいいんですか?

・・・という質問がリアルにあるので、こういう考えの人は購入をご遠慮ください。

課金はおそらく皆さんがつまづきそうなAPIの設定を突破した後にしかできないようにしてあるので、それで使い方がわからないのは単にQ&Aとマニュアルの読み込み不足です。

こういう質問をしている人の共通点としては、とにかくbotの観察量が足りていません。

本物のアービトラージシステムの情報はネット上にほぼ落ちていないので、ノーリスクで解決しようとせず、とにかくbotを動かしてわからないなりに色々と試すことです。

そういう人だけが利益を積み上げることができます。

30,000円プランを購入しましたが、28,000円くらいで稼働が止まりました。

※利益額の計算ですが、botが記録した取引の『概算の』利益(円)がベースとなります。

利用する通貨がドルペッグのUSDTのため、実際の損益は為替の影響で上下しますし、またFRの損益は取引の計算には算入していないので、FRがマイナスならば早めに稼働が止まります。

例えば上記のようにFRが-0.4370%ってことは、Bybitで100万円分の売りポジションを持っていたら8時間毎に4,370円引かれます。しかしこのマイナスは概算には算入されません

 

もちろん上記とは逆のパターンで、FRが大幅にプラスならば、実損益が30,000円以上になっても稼働が止まらないということになります。

知見を深めたいので、せめてODENbotのグループを公開していただけませんでしょうか?

エッジのあるアビトラ情報を持っていない人をグループに入れても、中の人たちにはなんのメリットもありませんので公開できません。

ODENbotは本当に利益を出せますので、先達者の皆さんは情報漏洩を避けたいのです。ご理解ください。

返金対応はありますか?

仮想通貨取引所の仕様変更等でODENbotが使えなくなった場合には日割りにて返金します。ただ、エントリーがない、使い方がわからないなどの理由での返金は受け付けておりません

 

ODENbot導入に関する質問

ODENbotがウィルスと判断されてダウンロードできません

ブラウザの許可をとるか、ブラウザを別のものに変えて試してみてください。

これは完全におま環状態なので、「exe ダウンロードできない」「exeファイルが展開できない」などのキーワードで検索するのもおすすめです。

ODENbotがウィルスと判断されてzipファイルが展開できません

このあたりが参考になるのではないでしょうか

購入したいのですが、仮想通貨の送金の仕方がわかりません

残念ながらそのレベルだとODENbotのご利用は難しいです。

御自身で色々と試して、できるようになったら戻ってきてください。

放置したいのでVPSを使う予定ですが、どこが会社がおすすめですか?

ODENbotのテストでは『Xserver クラウドPC』のメモリ5GBでテストを行なっており安定して稼働します。ODENbotが落ちる回数は増えると思いますがおそらく3GBでも稼働はすると思います。

お名前VPSとシン・エックスサーバーも使ってみましたが、Xserverのほうが安定します。Conohaは価格調整で追加料金取られたり、SALの解約ができなかったりとトラブル多いので試してません。

 

ODENbotの設定に関する質問

★よくある質問1位★ 利益を1%などにしているのに、エントリーすると損益がマイナスになります

これはアビトラの必要経費と考えてください。

原因は色々ありますが、一番多いのはサヤ取りの閾値を超えてODENbotが注文を出したけれども、注文が出た瞬間にはもうサヤが縮んでいて(他のbotに取られた)、その結果損失トレードになったパターンです。

ODENbotのグラフは0.5秒に一回描写されますが、0.1秒以内に閾値を超えて戻ってくることも良くあり、その場合はグラフにすら表記されません。

もちろん利益を0.5%とかに縮めていればそれだけ早く注文がでるのでプラスにはなりやすいです。ただしサヤが大爆発したときには早々にポジションをフルに持ってしまうのでもったいないとも考えられます。(たまにサヤが1%を超えたまま数時間開きっぱなしになる事も起こりますが、これは張り付いているbotが皆ポジションパンパンになって誰もサヤが取れない状態になっていると考えられます)

 

次に多いのが、板が薄い時に大きいロットで注文し、価格が遠い注文まで刺さってしまった場合。これは設定次第で防げますが、普通に損失も出るので板はよく見ておいてください。

 

あとやっかいなのが、板を出したり消したりして他のbotを狂わせようとするbotキラーbotがいますので、それに引っかかった場合にもマイナスでポジションを持ちます。このタイプのbotは速度に全振りしているので残念ながらスピードでは勝てないです。

ただ、どれもボラティリティがなくてスプレッドが広い時によく起こる現象で、仮想通貨市場が盛り上がって参加者が多いときは気にならなくなります。

★よくある質問2位★利益確定の%はいくつが良いのですか?

ペアや取引スタイルによって違いますので、それぞれ個別で検証してみてください。

参考としてBTCやXRPなど流動性が高いものは安定して注文が入る代わりに、サヤが開きにくいので資金のある人なら0.5%前後で少しずつ取る人が多いです。アルトコインの場合は注文が通りにくい代わりに1%~2%くらいのサヤが開いた時に大きく取りやすいです。

ただこれは取引スタイルによるもので、例えば資金が少ない人が0.4~0.5%くらいで設定するとすぐにポジションがパンパンになってしまい、もしその後、1~2%までサヤが開いた時に取りそこねてしまう・・、ということが起こります。

 

例えば上記は、ポジション解消側のサヤが1時間以上2.5%も開っぱなしになっていたのですが、これはDOGEコインに張り付いているbotが皆ポジションを早めに解消してしまい、誰も持っていないので、サヤが閉じずに一般の取引で自然に閉じるのを待っている状態です。

こういうのを狙いに行くかどうかは、取引スタイルによるわけです。

「USDT残高がこの設定額を下回ったら取引しない」の数値はいくらがいいですか?

お手元の資産額とどれだけのリスクをとるかによりますのでご自身で算出をお願いします

残高比率はどれくらいがいいですか?

Bybit 1: Bitbank 2~3 くらいまでが安全ですが、ここは個人のリスク許容度によるとしか言えないですし、このレベルを自分で考えられないとなるとODENbotは動かさないほうが良いです

1回の注文ロットの目安を教えて下さい

ロットを大きくするとポジションのバランスが崩れやすくなります。

そのため、1発のロットは1万円くらいが、人間えら過ぎもしない貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいかなと思います。

もちろん取引所の最小注文ロットは気をつけてくださいね。

→bitbank最小注文数量一覧 →bybit契約詳細(通貨ごとに下部の最低注文サイズ参考)

利益確定の数値やロット変更がクリックしても反応しない

トレードがONになってませんか?OFFにすればロットの変更ができるようになります。

あと考えられるのはVPSが遅くて描写が固まっている可能性が高いです。

ロット数を替えたのに、板に反映されない

例として、下記はLINKの買いロットを5に替えたのに、上部の板表示が0.1LINKのままになっている場合です。監視窓口

 

 

これは、BybitとBitbank双方の板に十分な量の注文がでていない時に価格が拾えないことで起こりますが、少し待てば板に注文がでてくるので修正されます。

板取引

 

利益を0.3%とかにしててもマイナスがでます

まずは手数料分も概算に含まれるというのと、別で多いのがサヤ取りの閾値を超えてODENbotが注文出したけれど、注文が出た瞬間にはもうサヤが縮んでいて、その結果損失トレードになったパターンです。

これは2つの取引所を監視して取引するアービトラージシステムでは必ず起こるので、必要経費と考えてください。

 

ODENbotの仕様についての質問

★よくある質問3位★ グラフだと設定した利益%に達していないのにエントリーしていた

上記の例だとこれは、一瞬だけ3%つけてすぐ戻ったというパターンです
グラフの更新頻度は【0.5秒】ごとなので、0.5秒内に一瞬で3%まで行って戻したらグラフには反映されません。

そして注文が約定するよりも早く戻してるので、取引結果が損失になっています。これはよくあるパターンなので必要経費と考えてください。

利益確定%を-側に設定することはできますか?

可能です。

ただしマイナス側に設定すればもちろん利益もマイナスが積み上がっていきます。

しかし、例えばチェーン内でハッキングなどがあった場合などでサヤが吹っ飛ぶことがあります。そういった時に資金を回転させるため、マイナス側で利益確定される方もいらっしゃいます。

デルニュー組んでノーリスクでFRを受け取り続ける事はできますか?

簡単にできます。

FRが高い仮想通貨でBybit売りBitbank買いのポジションを積んでください。これでデルニューポジション構築完了です。

ポジションを解消(Bybit買いBitbank売り)せずFRを受け取り続けてください。

ODENbotが落ちてしまいます

PCやVPSのスペックが低い時や、取引所の通信環境が悪い時は落ちます。

アービトラージシステムは落ちるのがよくあることで、落ちたらLINE通知が来るので再起動してください。

なお、PCのSurfaceシリーズは相性悪いです。VPSは『Xserver クラウドPC』の5GB推奨です。

全然エントリーしないのですが

アービトラージはチャートが大きく動いた時に稼働します。特に上昇相場でポジションを持ち、下降相場でポジションを決済します。

エントリー数が少ない場合は、トレード設定の「利益確定」の%を下げてみると利益は減りますがエントリー回数は増えます。

あとは市場と、通貨ペアの流動性が低すぎる場合もエントリーしません。1ヶ月指を加えて見ていることも多々あります。

監視するペアはその時その時で代わりますが、観察が重要です。

5通貨ペアまでが上限とのことですが、もう少し動かせるバージョンの導入は今後ありますか?

ありません。

アービトラージはその通貨に張り付いているbotが増えれば触れるほど、一人あたりの取り分は少なくなります。

全員が全通貨監視できるようにするとその分全員の取り分が減り、稼げるチャンスが少なくなる一方なので、監視上限を5ペアまでとしています。

LINE通知の頻度を減らしたいのですが・・

LINEの資産通知は1時間に1回届くようになっています。これはODENbotが落ちていないかのお知らせも兼ねているのでこの仕様になっています。

通貨が大きく動いた時にbotが落ちてた時は結構メンタルにきますからね。

※一応ODENbotがエラー落ちした時に通知が来るようにはしてますが、VPSやPCの再起動などの場合は、ODENbotは通知を送れないまま落ちますので。

どの通貨が一番儲かりますか?

アービトラージはその通貨ペアに張り付いているbotが多ければ多いほど一人あたりの利益が減ってしまいます。なので自分で美味しいペアを見つけたら誰にも教えてはいけませんし、聞いてもいけません。

ただ傾向として、BTCやXRPはたまにしかサヤが開きませんが、開いたときには皆が幸せになれるくらいには流動性があります。

マイナー通貨はサヤが開く回数が多いですが、一瞬で閉じてしまったり、他のbotと取り合って損失になることもあります。

共通して言えるのはとにかく流動性があってボラティリティも十分な通貨ペアを選ぶことです。仮想通貨のニュースなどを見てトレンドが出た場合などは全力で乗り換えるのがおすすめです

ODENbot配布の人数制限はしないのですか?

めっちゃします。市場が超盛り上がってきたらその時契約している人だけ残して新規の加入は止めます。(アービトラージは動かしている人が少ないほど分け前が増えるので)

ただし、超盛り上がるかどうかは誰にもわからず、このままおとなしい相場が続く可能性も否定できません。(なのでODENbotの配布を始めたわけですがね・・・・)

「BybitUTAマーケット情報がありません。APIは接続しましたか?」という表示がでます。

Bybitのサーバーが混雑し、通貨のデータが途切れているとこの警告が表示されます。

これは取引所側の通信状況しだいなので、少し待てば回復します

ODENbotで注文した覚えのないポジションが表示されています

ODENbotは、BybitとBitbankにある全てのポジションを読み取って表示します。

そのため、各取引所で手動で購入したポジションなども表示されます。

サヤって具体的にどういうことですか?

サヤとは取引所間の価格差のことなのですが、
例えば下記のようにODENbotが「XRP2.201%開いてるよ!」と教えてくれた時に、
BybitでXRPを1000ドル(153,000円分)買ってみると2,128.56XRPを購入することができます。
※1ドル=153円時
そしてそのままbitbankで1000ドル分約2,128.56XRPを売ると・・・
おや?なんか3500円くらい利益がでてるぞ?
同じ通貨なのに、片方の取引所では高く、もう片方は安いというこの価格差がサヤです。

メイン画面下部に「注文数が最低ロット未満なので注文を中止しました」と表示されてサヤが閾値を超えているのにエントリーしません
エラー

例えば上記の場合ですが、DOGEの注文量が板の関係で0.2284DOGEですが、Bybitの最低注文量が1なので注文できなかったというエラーです。

板取引では注文のロットを1000DOGEに設定していても、利益が取れる価格帯に注文がなければ購入することはできませんからね。

サヤの条件は満たしているのに、このように取引所の最低注文量を超えていない時に出るエラーですので、特に気にしなくても大丈夫です。

雇用統計やCPIの発表タイミングはエントリーに影響しますか?

大いにします。下記はアメリカのCPI発表のタイミングですが、ほとんどの仮想通貨が大きく下落しました。

その時のodenbotを見ると・・・

ポジション解消時のサヤが1%を超えました。この時は流動性もあったので一気にポジション解消で稼げた利用者さんもいらっしゃいました。

 

仮想通貨取引所に関する質問

Bybitの使い方がよくわからないです

そこで躓いてしまう場合は、ODENbotのご利用はおすすめしません

APIをいれても正しく認証してくれません

殆どの場合で、半角スペースが混じっていたり、全部の文字を正しくコピーできていないなどの入力ミスです。

あと考えられるのはAPIがアクティベートされていない、Bybitが統合取引アカウント(UTA)ではなく、古い形態の取引アカウントを使っている場合です。

BybitのAPIの期限が切れてしまった

BybitのAPIはIPアドレスを固定していない場合は90日です。

それをすぎると突然ODENbotが取引ができなくなりますが、BybitのAPI画面で編集押して保存すればまたそこから90日使えるようになりますので、期限が近くなった頃にご自身で更新してください

Bybitの口座って資金が無くなったら、ポジションって全部強制解消されるのですか?

UTA口座はUSDTがマイナスになっても他に担保資産があったらポジションは維持されます。

ポジションが強制決済されるのは、PERPのポジションに表示される清算価格に達した時です。なので、「資金が無くなったらポジションが決済される」とは限りません。

注意すべきなのはBybitのデリバティブポジションの「予測強制決済価格」です。

価格がその予測強制決済価格に達したら強制的にポジションが決済されて、担保資産が減ります。

Bybitの口座ですがUTAproにしても大丈夫ですか?

proのなにが違うかがこちらでもわかりませんが、テストしてもらって動けば大丈夫ではないかと

出金拒否や口座凍結はありますか?

バイナリーオプションやFXと違ってBybitもBitbankも板取引なのでありません。

ただし、小規模な仮想通貨取引所で自前で板を出したりしているところだと可能性は0ではありません。

 

バランサー関連

ポジション過不足の数値が変なのですが

数字が上記のような数値になっている時は、取引所の最低取引額を下回る量の通貨が口座に残っています。

板取引は全ての注文が約定するわけではありませんので、こういう半端な数が余ってしまうことがよくありますが、取引にはとくに影響はありません。

どうしても気になる場合は、ODENbotを一旦停めて、取引所で手動で解消してください。

ポジション過不足の背景がたまに黄色になりますが

アービトラージでは取引所Aと取引所Bのポジション量が一致します。

もし一致していない場合はバランサーをオンにすれば自動でポジションを調整しますが、オフの状態でポジション量が一致していない場合に警告として黄色背景になります。

なぜ警告とするかは、ポジション量が一致していない時にバランサーをオンにすると、ポジション数の自動調整がされますが、ポジション調整は成り行きで一気におこないますので、もしポジション過不足が大きい時に、薄い板の時だと想定よりも遠いところで価格が約定して予期せぬ損失が発生するからです。

ポジション調整注文が連続5回以上です。ポジション取得に失敗している可能性があります。ソフトを再起動してください。と通知が届きます

バランサーに必要な情報が通信エラーなどで正しく取得できていない状態です。

ソフトを再起動すれば解決します。

仮想通貨取引所のサーバーが混雑しているときに起こりやすいエラーです。

バランサー価格が50000円を超えています。バランサー処理を中断します。と通知がきます

通信エラーなどで2つの取引所間のポジションが大きく変わってしまった場合に起こるエラーです。

この場合は、ポジションを多く持っている側の取引所のポジションを手動で決済するか、メニューから「バランサー稼働価格上限」を変更して下さい。

バランサーをONにしたのに小数点以下が調整されない

バランサーは各取引所の最低注文量を下回っている分については注文を発動できません。

バランサーをオンにしているのに動きません

取引所の最低注文量を下回っている誤差の場合はバランサーは注文がだせません。

バランサーが動いているのですが、ポジションが完全に一致しません

取引所の最低注文量を下回っている誤差は修正ができません。

また、最低注文量の範囲内で、できるだけバランスが取れている(縦玉の差が小さい)ように整えます。

一応バランサーが暴走しないようにポジションの誤差が最低注文量÷2以下の数値だと動かないようになります。

例えば最低注文量が10の通貨の場合、ポジションの誤差が6だとその最低注文量の10が入りますが、誤差が4だとバランサーは動きません。

-0.1343のような小さいポジションのズレを直したいのですが

取引所の最低注文量を下回っている場合には修正ができません。

バランサー稼働間隔は短いほうがいいですか?

バランサーはとても繊細な機能でアービトラージシステムの肝とも言える部分です。

パラメータから数字の変更ができるようになっていますが、稼働間隔を短くしすぎるとODENbotの処理が取引所の処理を上回ってしまい、数字がずれるということが起こります。そのため、30000ms以下にするのはおすすめできません

「バランサー稼働価格上限」はいくらが良いですか?

お手元の資産額とどれだけのリスクをとるかによりますのでご自身で算出をお願いします

 

その他の質問

資産が減らないのは嬉しいのですが、もう少し利益を取る方法ってないでしょうか?

4月以降にODENbotをスタートした方々からこの手の質問がきますので回答させていただきますが、アビトラの利益は資金量と市場の動き+運次第なんです。

4月、5月は本当に動きが無くて、他の取引所で動かしている私もあまり利益はでていません。

なので、ひたすらチャンスが来るのをお待ち下さい。ODENbotほど安全に稼げるbotは私が見ている限りでは世の中にありませんので、大きく動きそうな通貨ペアを稼働して放置しておいてください。

ODENbotが月額利用ではなく、利益上限という仕様も、アビトラが利益がでない期間があるということを見据えての仕様なのでご理解くださいね。

取引履歴を見ると、bitbankの注文はあったのですが、Bybitの注文が履歴にすらないです

これは激レアな症状ですが、アビトラの動作としては起こり得るものなので解説しておきます。

この時の動きはETHが3秒で13,000円も変動するという値動きでした。履歴を見ると

 

おや?ODENbotはメイカー注文しかし無いはずなのにテイカー注文の履歴があります。

これはなにが起こったかと言うと、

ETHの価格が下に飛ぶ→ bitbankで買い注文が出される→ bitbankの注文が通った瞬間には価格が上に戻っている→ bitbankの指値注文が未約定で板に残る(未約定なのでBybitは注文が出ない)→ bitbankの指値注文の取り消し注文が発注される(この時点でアビトラ失敗なのでBybitの注文処理はもう行われない)→ 取り消し注文が実行される前に値が下に飛ぶ→ bitbankが約定する

ということが3秒位内に起こっています。この場合はBybitは注文されないです。

滅多に起こりませんが、2つの取引所をまたぐアビトラではありうる事例ということは覚えておいてくださいね。

VPSの3GBを利用していますが、ODENbotがすぐ落ちてしまいます

対策としては単純にメモリをあげてもらうのが一番手っ取り早いのですが、それとは別にODENbotの仕様として、左の通貨選択メニューを一度でも開くと、その後取引しなくてもバックグラウンドで価格データを処理し続けます。

そのため、いくつか通貨を開いたら一度再起動して、取引する通貨ペアだけを選択して放置するのが安定するコツです。

LINE通知が届かなくなりました

ODENbotのアップデートがあるとLINE通知の入力し直しが必要になります。ご面倒おかけします。

LINE通知をみたらいきなり大きなマイナスになっていました

上記はご利用者様からいただいたLINE通知です。日本円利益が-3211.0974JPYになっています。

しかし実はよく見ると買いが0.0013BTCに対して、売りが0.001BTCになっています。これはつまり、売りの0.0003BTCの注文が刺さらなかったのです。そのため概算で-0.0003BTCが円換算されてマイナスになってしまっています。

そしてその後LINE通知を見ると1分以内に、ODENbotのバランサーが稼働して0.0003の調整がはいっているはずです。これで恐らく損益はトントンになっているはずです。

また、バランサーが動いて発生する損益はODENbotが稼働できる利益上限の概算には含まれませんので、-3211.0974JPY分はその分長くODENbotを動かせることになります。

ただし、この逆パターンもありえますので、長い目で見たら±0になる感じです。

BTCが値上がりしすぎてBybitの口座が吹っ飛びました。損失はそこまでありませんが、どういう手順で処理するのが正解ですか?

アービトラージなので、売りポジションを持っているBybitが飛んでも、すぐに気づいたのでしたらBitbank(現物)の方でプラスがでているはずです。

ですので、慌てずにまずはODENbotのトレードをOFFにします。

次に手動でBitbank側を頃合いの良いところで手動決済すればそこまで大きな損失にはならないどころか、運が良ければ利益がでます。あとはBitbankからBybitに送金して体勢をリセットすればOKです。

残念なシチュエーションとしては、Bybitの口座が破綻した後に通貨ががっつり下がって、それに気づかずにBitbankを放置していた場合ですね。

あと通信エラーでバランサーが止まり、ポジションが一致しない状態で破綻した時も損失が出る場合はあります。

なので資金が少ない時は口座が破綻しないようにマメに監視しておいてください

今まで起動していたのに突然起動しなくなりました

【マイドキュメン】→【ODENbot】フォルダを削除してから起動してください。

API情報を入れなおす必要があります。

サイトの記事中にあるサーバー代20万円とはどういう意味でしょうか?VPSってそんなに高額なプランあるんですか?

これはサーバー代というか主にNode代ですね。自分でサーバー建てて好きなようにやるとsolanaチェーンだけでそれくらいかかります。

まあODENbotだと特に関係なく、『Xserver クラウドPC』を使っておけば問題ないです

PC→PCや、PC→VPSへ移行はできますか?

APIキー等の重要な情報は全て暗号化しており、ファイルを別のPCにコピーしても復号できないためODENbotの移行はできません。

移行する場合はチケットを使い切ってからODENbotをアンインストールし、移行先へ新規でインストールする方法になります。

なおODENbotは『Xserver クラウドPC』の5GBでテスト&制作しております。シンエックスサーバーやお名前VPSは少し安定度が落ちますのでご注意ください

取引所がメンテナンスだそうですがbotは止めたほうが良いですか?

取引所がメンテナンスで取引ができなくなるとバランサーが正常に動かずに結構とんでもないことになるので絶対に止めておいてください。

全てのアービトラージシステムに言えることですが、取引所のメンテナンス情報は常にチェックしておきましょう。

→ビットバンクメンテナンス情報

→Bybitメンテナンス情報

 

エラー一覧

エラー解説LINE通知に届くエラーを検索する時は、「エラーが記録されました。」という文字のあとの1行をみてください。

The request was canceled due to the configured HttpClient.Timeout of 5 seconds elapsing.

Bybitのサーバーから5秒間レスポンスが受け取れないのでHTTP通信が途切れたと判断してレスポンスを待たずこちらから切ったというエラー

利用者側のネットワーク不安定や、ODENbot自体またはODENbotを動かしているマシンが5秒以上固まった場合や、Bybit側のネットワーク不安定の際に起こり得えます

放ったらかしで大丈夫です。

Collection was modified; enumeration operation may not execute.

バランサー関連のエラーです。

ODENのbotはポジションバランスをチェックするときに両取引所の口座内の全ての所持ポジションについて調べるのですが、チェックしている途中に口座内のポジションに変動があると結果が不正確になる可能性があります。

そこで、「ポジションチェック中にポジション変わったわ。正確な結果が出なくなる可能性があるで!エラーにしてチェック終了するわ!」という自己防衛的なエラーです。

特に問題はありません。

Object reference not set to an instance of an object.

ポジションチェック中に変動があったケースで、正しく数値が取得できなかった場合にでるエラーです。

特に問題はありません。

An error occurred while sending the request.

注文を出す時に、何らかの通信エラーで正しく送信できなかったケースです。

特に問題はありません。

Error getting value from ‘Color’ on ‘ODENbot.TradeInfo’.

ODENbotのUIの色に関するエラーです。(サヤが開いた時に黄色に変わるやつ)

取引に影響はありませんが、一度エラーがでると再起動するまでLINE通知がたくさん来ちゃいます。

環境要因が多すぎて完全に取り切れていないのでスミマセン。